プロが選ぶ年代別のおすすめ医療保険ランキング! よく「医療保険の会社を選んだきっかけはネットの人気ランキングで見たから」という声を耳にします。

しかし、医療保険はその人の年齢や置かれている状況で判断し、必要な保障を付けるものです。
そこで当記事ではその点をふまえ、年代別のおすすめの医療保険をランキング形式で紹介します。


20代におすすめの医療保険ランキング

体が健康な20代のうちは保障内容の充実度よりも、安い医療保険で最低限の準備をしておきたいところです。

20代で入る上で重視したいポイントとして、次の2点があります。

見直しがきく保険を選ぶ
⇒結婚をするなどして大きくライフスタイルが変わる可能性があるためです。

安い保険料の保険を選ぶ

上記2点を加味した上で、20代の方におすすめの医療保険をランキング形式で見ていきましょう!

1位:アクサダイレクト生命「終身医療保険」

20代おすすめ医療保険ランキング第1位はアクサダイレクト生命の終身医療保険です!

保障はシンプルに入院保障と先進医療特約のみで、保険料は20歳男性で725円と最も安い医療保険です。

この安さでセカンドオピニオンなどの付帯サービスもついてくるので、それだけでも価値のある医療保険といえます。
とにかく保険料負担を減らしたい20代におすすめの医療保険です。

[60日型、手術Ⅱ型、入院給付金:5,000円、先進医療特約、保険料終身払]

2位:オリックス生命「新CURE」

ランキング第2位はオリックス生命の医療保険「新CURE」です!

この商品は色々なランキングでも上位に取り上げられていますが、ポイントは保険料の安さと保障の柔軟性にあります。
保障は入院・手術の保障とシンプルながら、入院が長引く三大疾病、七大生活習慣病の場合は入院給付金の支払限度日数が引き上げられるなど、十分な保障があります。

また、手術給付金も入院時を伴うものについては20倍と比較的高倍率の上、それでいて保険料は20歳男性で1,222円とリーズナブルになっています。
長引く入院や手術にも備えたい方におすすめの医療保険です。

[60日型、入院給付金:5,000円、先進医療特約、保険料終身払]

» 新CUREの詳細はこちら


3位:メディケア生命「メディフィットA」

最後にメディケア生命の医療保険「メディフィットA」を紹介します。

こちらもオリックス生命同様、保険料と保障内容のバランスのよい医療保険です。
基本的な保障は入院・手術だけですが、特則により入院が長引く三大疾病、七大生活習慣病の場合は入院給付金の支払限度日数を無制限にすることができます。

また、特約の種類も豊富で、選択により保障を充実させることも可能な医療保険です。
保険料は20歳男性で1,320円と、オリックス生命とほぼ同じ水準にあることもポイントです。

[60日型、入院給付金:5,000円、手術Ⅰ型、7大生活習慣病入院無制限給付特則、先進医療特約、保険料終身払]

» メディフィットAの詳細はこちら


加入するなら若いうちがベター!30代の保険

30代はいろいろとライフプランが変わりやすい時期なので、そろそろ本腰を入れて保障の充実した医療保険を検討しておくと良いですね。

30代で入る上で重視したいポイントとしては、次の2点です。

自らの家族のための医療保険を考える
⇒病気で働けなくなったら、万が一亡くなってしまったら、そうしたことを考慮して医療保険を選ぶ必要があります。

保険料の安さだけでなく、保障の充実度も考慮する

その点をふまえた上で、ランキングをどうぞ!

1位:オリックス生命「新CURE(新キュア・レディ)」

30代のおすすめ医療保険ランキング第1位は、オリックス生命の医療保険「新CURE」です!
保障を充実させたい30代には特におすすめの医療保険です。

また、女性特有の病気での入院時には上乗せして給付金が支払われる「新キュア・レディ」というタイプもあります。
既婚・独身問わずおすすめで、女性の方には特におすすめできる医療保険です。

» 新CUREの詳細はこちら


2位:オリックス生命「リリーフ・ダブル」

ランキング第2位は、同じくオリックス生命の死亡保障付医療保険「リリーフ・ダブル」です。
これは特に30代の既婚男性におすすめの医療保険です。

この医療保険はその名の通り、一生涯の死亡保障がついた医療保険です。
家族を持つと、万が一亡くなった場合の遺族の生活保障なども考える必要があります。
そうした中で、シンプルに死亡保障と入院・手術保障を準備するのに最も安く準備できる医療保険です。

例えば、同じオリックス生命で30歳男性が、終身保険500万円と入院給付金額10,000円の医療保険に加入すると、保険料は合計で7,580円になりますが、リリーフ・ダブルは6,142円で加入することができます。

3位:チューリッヒ生命「プレミアムDX」

最後にチューリッヒ生命の終身医療保険「プレミアムDX」を紹介します。

この医療保険の最大の特徴は、短期・長期両方の入院に備えられる、とても合理的な医療保険だという点です。

・入院給付金の支払限度日数として30日型が選べるので、短期入院に無駄なく対応することができる
・また、特約をつけることで入院が長期化しがちな七大生活習慣病には無制限、ストレス性の疾患には365日まで給付金が支払われる

上記2点から、30歳男性で年間保険料16,018円(最低保険料が1,500円のため年払で計算)で加入することができます。
さらに、三大疾病診断一時金特約等を付加することで、保障を充実させることもできる医療保険です。

» プレミアムDXの詳細はこちら


傷病リスクが増えてくる40代におすすめの医療保険

収入や貯蓄も増えてくる反面、何かと支出も大きくなるのがこの40代というタイミングです。

家計への負担を減らすためにもできるだけ保険料は抑えたいところですが、万が一病気で収入が途絶えてしまったら大変なことになってしまいます。
また、そろそろ何らかの病気にかかり、健康への不安が大きくなり始めるのもこの頃ではないでしょうか。

ここで重視すべきポイントは2点あります。

■三大疾病になった場合の収入減少を考慮する

■三大疾病保険料払込免除特約を重視する

それでは40代のおすすめ医療保険ランキングをご覧下さい。

1位:メディケア生命「メディフィットA」

40代のおすすめ医療保険ランキング第1位は、メディケア生命の医療保険「メディフィットA」です。

がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病により所定の状態になった場合、以降の保険料が不要となる特約を付加することができます。
これにより3大疾病による入院等で一時的に収入が減少したとしても、この医療保険はそのまま継続することができます。

また、がん診断一時金特約を付加することで、がんのときの治療費や収入減の補填にも充てることができる医療保険です。
それでいて、保険料は40歳男性で4,114円と、非常に安い医療保険といえます。

女性疾病入院特約を付加することで、女性特有の病気にも備えることができるので、男女問わずおすすめの医療保険です。

[60日型、入院給付金:5,000円、手術Ⅰ型、7大生活習慣病入院無制限給付特則、先進医療特約、3大疾病保険料払込免除特約、保険料終身払]

» メディフィットAの詳細はこちら


2位:チューリッヒ生命「プレミアムDX」

40代のおすすめ医療保険ランキング第2位は、チューリッヒ生命の医療保険「プレミアムDX」です。

40代にもなると、仕事でのストレス等で胃潰瘍やうつ病など、ストレス性の病気にかかるリスクも増えてきます。また、女性では更年期障害が現れ始める頃でもあります。

この医療保険では、そうしたストレス性の病気による入院給付金を365日まで支払ってくれます。
さらには三大疾病保険料払込免除特約、三大疾病一時金特約などを付加することで、保障を充実させることもできます。

がんだけでなく三大疾病すべてで一時金が出る分、保険料は40歳男性で5,017円とメディフィットAより少し割高ですが、それでも十分割安な医療保険と言えます。

[30日型、入院給付金:5,000円、先進医療特約、7大疾病/ストレス性疾病延長入院特約、3大疾病診断一時金特約、3大疾病保険料払込免除特約、保険料終身払]

» プレミアムDXの詳細はこちら


3位:オリックス生命「新CURE」

最後に、オリックス生命の医療保険「新CURE」をおすすめします。

この医療保険は保険料は安い上に女性疾病入院特約もあり、男女問わずおすすめできる医療保険です。

唯一3大疾病保険料払込免除特約がない点だけがネックとなっているので、そこは他の保険との併用が望ましいと思います。

» 新CUREの詳細はこちら


保障見直しのタイミング!50代のための保険ランキング

50代になると、定年退職が近づいてくるタイミングです。

また疾病リスクが高まる時期でもあり、高血圧や高尿酸血症など、何かしらの持病を持っている方も多いのではないでしょうか。

50代の方の中には、若い頃に加入した医療保険にそのまま加入されている方も多いでしょう。
しかし、下記の理由からそれは見直した方が良いと考えられます。

■先進医療などの最新の治療法に、多くの古い医療保険は対応していないから

■健康面や病気のリスクを考えた時、最後の医療保険の見直しのタイミングだから

そこで、50代のおすすめ医療保険ランキングは、健康に不安のある方でも入りやすい、引受基準緩和型かつ先進医療特約が付加できるものを紹介します。

なお、50代になるとネットから申し込むのは難しい面もあるかと思いますので、ネット専業の保険会社は除外しています。

1位:オリックス生命「新キュア・サポート」

50代のおすすめ医療保険ランキング第1位は、オリックス生命の医療保険「新キュア・サポート」です。

この医療保険の特徴は、保障がシンプルになりがちな引受基準緩和型の医療保険の中でも、特約が充実している点です。

先進医療特約はもちろんのこと、三大疾病による入院、七大生活習慣病による入院の支払限度日数を引き上げるプランもあります。

また、がん一時金特約などもあり、年齢を重ねるごとに増えるがんへのリスクに備えることも可能な医療保険です。
50歳男性なら保険料は4,305円で加入することができます。

[入院給付金:5,000円、引受基準緩和型先進医療特約、保険料終身払]

» キュアサポートの詳細はこちら


2位:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新 健康のお守り ハート」

50代のおすすめ医療保険ランキング第2位は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の医療保険、「新 健康のお守り ハート」です。

この医療保険もオリックス生命同様、特約が充実しており、その中でも特定疾病診断保険料免除特約があるのが特徴です。

定年退職後にがんになった際、収入が年金だけになった中での医療費負担に加え、保険料まで払い続けるとなるとなかなか厳しいものがあります。

その点、この医療保険であれば、特定疾病診断保険料免除特約を付加することでそうした事態に備えることができます。

3位:メディケア生命「メディフィットRe」

最後に、メディケア生命の医療保険「メディフィットRe」を紹介します。

この医療保険はシンプルに老後の入院・手術保障と先進医療に備えることができます。
特約等の選択肢がない分、保険料は格安に設定されており、50歳男性なら4,450円で加入することができます。

同じ引受基準緩和型の医療保険であっても会社によって入れたり入れなかったりする場合があるので、オリックス生命で加入できなかった場合の選択肢として考えればよいでしょう。

[入院給付金:5,000円、手術Ⅰ型、限定告知型先進医療特約、保険料終身払]

» メディフィットReの詳細はこちら


  • 医療保険のお悩み解決記事