三十代に勧めたい怪我・病気用の保険

30代で医療保険に加入する際のおすすめ商品をご紹介 「30代になったから、そろそろ医療保険に入ろうかな」

「最近、同僚の中でも医療保険の話題が増えてきているけど、30代で医療保険って必要なのか?」

「医療保険に入りたいけど、30代はどの医療保険に入ればいいんだろう?」

あなたもこのように思って、このページのたどり着いたのかもしれませんね。

30代になると、子供が生まれて家庭を持つようになったりして、20代のときとは大きくライフスタイルが変わります。
そこで、多くの人が心配するようになるのが、「自分の体の健康」です。

あなたが突然、大きな病気にかかって、しばらく働けなくなったときに家計は大丈夫でしょうか?

このページでは、30代から医療保険に加入することがおすすめである理由、そしてあなたにとっておきの医療保険をご紹介します。

30代で医療保険のことについて悩んでいる場合には、ぜひ一度ご覧ください。


30代から加入する必要はある?

30代のあなたは「今のタイミングで医療保険に入るべきなのか?」と悩まれていると思います。

結論から言うと、30代は医療保険に入るべき年代です。
30代で医療保険に入るべき理由をこれから解説していきたいと思います。


メリット1:毎月の保険料と支払額合計が安くなる

30代のうちに医療保険に加入することで、毎月の医療保険料を抑えることができるので、結果的に支払額の合計が安くなります。

ここでは、オリックス生命の「新キュア」を例にして、シミュレーションをしていきたいと思います。

【条件】
  • 入院給付金:5,000円
  • 先進医療特約:あり
  • 重度三疾病一時金特約:付帯しない
  • がん一時金特約:付帯しない
  • がん通院特約:なし
  • 保険料振込期間:終身払
  • 保険料払込期間:65歳

■30歳の場合
月額保険料:2,022円
年払保険料:23,624円
65歳までに支払う保険料の総額:849,240円(2,022円×12ヶ月×35年)


■40歳の場合
月額保険料:3,171円
年払保険料:37,010円
65歳までに支払う保険料の総額:951,300円(3,171円×12ヶ月×25年)


■50歳の場合
月払保険料:5,902円
年払保険料:68,885円
65歳までに支払う保険料の総額:1,062,360円(3,171円×12ヶ月×15年)

上記の表を見ていただくとわかるように年代が上がれば上がるほど、毎月の医療保険料の支払い額が上がっていきます。

そして、注目していただきたいのが、「65歳までに支払う保険料の総額」です。
30歳で加入するときと40歳で加入するときで比較すると約10万円ほど、30歳で加入した方がお得だという結果になっています。

さらに、50代で加入するときと比較すると20万円以上、30歳で加入した方がお得だということがわかりますね。

つまり、30代の今のタイミングで入ることが、生涯の医療保険料をお得にする上で大切なのです。


メリット2:若い健康な状態の方が医療保険に入りやすい

メリット1でご紹介したように30代で医療保険に入ると医療保険料を安く抑えることが可能です。

30代で医療保険に入ることのメリットはそれだけではありません。
30代は40代、50代の年代と比較すると、体がまだ健康状態にある人が多い年代です。

あなたもご存知かもしれませんが、医療保険というものは、基本的に健康な状態でなければ加入できない保険です。

つまり、40代や50代になって、重大な病気などにかかってしまうと、残念ながら通常の医療保険に加入することは難しくなります。

「まだ健康なときに加入しておけばよかった・・・」
と、後悔しないように、健康である30代のうちに医療保険に加入することをおすすめします。


30代の方の医療保険加入率

医療保険の加入を検討している30代の方の多くは、周りの人がどのくらい医療保険に加入しているのかも気になると思います。

生命保険文化センターが発表した「生活保障に関する調査」によると、30代の医療保険加入者率は男性が82.3%、女性が79.7%ということで、どちらも約8割という結果になっています。

つまり、30代になると、周りにいるほとんどの人が医療保険に加入しているということになります。


出典:生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」
http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifesecurity/provision/8.html

また、20代と比較すると、一気に加入率が上がっていることも注目すべきポイントです。
家族のことや、自分の健康状態を考えて30代から医療保険に加入する方が多いことがわかります。


30代の平均負担額はいくら?

ここまでのところで、30代で医療保険に加入することのメリットと、30代の加入率は男女ともに約8割もあることをご理解いただけたと思います。

それでは、続いて30代の入院時の自己負担額と医療保険負担額の平均を見ていきましょう。
実際に商品を決める前に、支払いの相場を知ることで、余計に高く支払ってしまうリスクを避けることができます。


30代の入院時平均自己負担額

30代の入院時に一般的にどれくらいの金額がかかるかはご存知ですか?

日額入院費金額 割合
5,000円未満 14.8%
5,000~7,000円未満 7.4%
7,000~10,000円未満 9.3%
10,000~15,000円未満 27.8%
15,000~20,000円未満 5.6%
20,000~30,000円未満 13%
30,000~40,000円未満 7.4%
40,000円以上 14.8%
※生命保険文化センター 平成28年度「生活保障に関する調査」 直近の入院時の1日あたりの自己負担費用

生命保険文化センターが発表したデータによると、1日にかかる金額で最も多いのが、10,000~15,000円未満の層で全体の27.8%にあたります。

つまり、約3人に1人は、入院した場合に1日に10,000~15,000円程負担しなければならないということになります。

長期間の入院になってしまう場合を考えると、かなり高い金額ですね。


30代の平均負担金額

こちらは、30~34歳の年間生命保険支払い額のデータとなります。

年間生命保険料金額 割合
12万円未満 18.7%
12~24万円未満 28%
24~36万円未満 18.7%
36~48万円未満 11.3%
48~60万円未満 10%
60~72万円未満 0.7%
72~84万円未満 1.3%
84万円以上 2.0%

下記は35~39歳のデータとなります。

年間生命保険料金額 割合
12万円未満 15.5%
12~24万円未満 22%
24~36万円未満 19.3%
36~48万円未満 13.6%
48~60万円未満 7.6%
60~72万円未満 4.5%
72~84万円未満 3.4%
84万円以上 3.8%
参考:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」

生命保険文化センターの発表によると、30~34歳で一番多い層が年間12~24万円未満で28%、35~39歳も同じく12~24万円未満で22%という結果でした。

こちらのデータはあくまでも「全生命保険の年間支払額」にはなりますが、30代の場合にはその他の保険料も合わせて、月額で1万円~2万円を目安として支払っている方が多いということがわかりますね。


独身の方におすすめの医療保険

それでは、ここからは30代におすすめの医療保険のご紹介をしていきたいと思います!

まずは30代独身の男女にそれぞれおすすめの医療保険から見ていきましょう。


独身男性の場合はオリックス生命の「新CURE(キュア)」

30代の独身男性におすすめなのが、オリックス生命の「新キュア」。
新キュアの魅力はシンプルな保証プランで、保険料が安いところです。

30代の方の場合には、これから初めて医療保険に加入しようと思っている方も多くいらっしゃると思います。

初めての医療保険であれば、複雑な保証プランのものよりも、なるべくシンプルで保険料を安く抑えられる保険商品を選ぶのがベストです。

また、新キュアはシンプルと言っても、健康保険の対象とならない「先進医療」も通算2,000万円まで支払いをしてくれる保証などもついていて、非常に手厚い医療保険となっています。

» 新CUREの詳細はこちら


独身女性の場合はオリックス生命の「新CURE Lady(キュア・レディ)」

30代の独身女性のおすすめの医療保険はオリックス生命の「新キュア・レディ」です。

新キュア・レディは上記で紹介をしている、新キュアをベースとした医療保険で女性特有の病気やがんを特に手厚く保証してくれる商品となっています。

ベースは新キュアなので、シンプルな保証内容となっていて、保険料もお得な価格になっています。

30代になり、これから医療保険に加入しようと考えている女性はまずはシンプルで入門向けのオリックス生命の「新キュア・レディ」をご検討してみてはいかがでしょうか?


既婚の方におすすめの医療保険

ここでは、30代既婚の男女におすすめの医療保険をご紹介します。

既婚男性の場合はオリックス生命の「Relief W(リリーフ・ダブル)」

30代の既婚男性の場合、既にお子様が複数人いらっしゃる方も多いと思います。
「家庭を守る」という意味では、死亡保障がどれだけ充実しているか?というのがポイントになります。

そこで、おすすめしたいのが、オリックス生命の「リリーフ・ダブル」。

医療保険に付帯できる、死亡保障は金額があまり高くないものが多いですが、リリーフ・ダブルの場合には、なんと「500万円」もの死亡保障がつきます。

もちろん死亡保障だけでなく、医療保障も手厚く、特に7大生活習慣病に対しての保証が優れています。
また、健康保険適用外の先進医療に対しても、2,000万円まで保証がされます。


既婚女性の場合はアフラック「ちゃんと答える医療保険レディースEVER」

30代既婚女性におすすめなのが、アフラックの「レディースEVER」。
女性特有の病気である、「子宮筋腫」や「乳がん」による入院は30代から増加します。

そういった女性特有の病気に対して手厚い保証を提供してくれるのが、レディースEVERです。

レディースEVERであれば、特約を付加することで、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の三大疾患に対しても手厚い保証をつけてもらえます。

30代になり、女性特有の病気が不安だという場合には、詳細をご確認ください。



医療保険のおすすめ商品を紹介してきましたが、いかがでしたか?
今回は性別と年代に焦点をあてて紹介させて頂きました。

しかし、医療保険というのは年代や性別だけでなく、条件によっても適した商品が変わる可能性があります。

条件別に、自分に適した商品を知りたいあなたは「医療保険おすすめ.com」のトップページへ!

医療保険のお悩み解決記事