保険の相談をする際の注意点とおすすめの相談窓口の紹介 このコンテンツでは誰かに保険の相談をする際の注意点と保険の相談に最適な相談相手についてまとめています。

FP、保険会社、両親、保険代理店と保険の相談相手は大勢いらっしゃいます。しかし「結局誰のアドバイスを聞くのがベストなのかわからない」と思ったことはないですか?

お気づきかもしれませんが、保険の相談をする際には相手をよく選ぶ必要があります。仮に間違った相手に保険の相談をしてしまうとあなたに全く合わない保険商品を紹介されたり、見当違いの意見を押し付けられる恐れがあります。

意見のままに、合わない保険に加入してしまう事態は避けたいですよね。
そこで当記事では誰かに保険の相談をする際の注意点と、相談相手としておすすめしたい条件の人を紹介していきます。


話を聞く前にある程度保険について勉強する

相談の前に事前に勉強する
保険選びに失敗する人の9割は、自分で保険について調べるという行為を怠っていると言われています。

自分で保険の勉強をしたり保険について調べないことの何が問題かというと相談相手のアドバイスの良し悪しが判断できないことです。 アドバイスの良し悪しの判断ができないとなると保険のプロが言うことを盲目的に信じ込んでしまう恐れがあります。

保険のプロに都合が良い保険とあなたにとって最適な保険は確実に異なります。本当の意味であなたに最適な保険に加入するためには、保険会社の社員に相談をする前にある程度自分で保険について調べることが必要になります。

例えば生命保険をお探しでしたら『①保障内容(死亡、入院など)』、『②保障金額(死亡時に○○万円くらい、入院時に1日あたり○円』、『③保障期間(○歳まで必要)』という3つの項目を理解していないと保障内容の良し悪しが分かりません。

どんなに良いアドバイスをもらっても保険に対するあなたの理解が甘い場合、アドバイスを生かすことができませんよね。相談相手のアドバイスを有効に活用するためにもある程度保険について勉強しておくことをおすすめします。


相談相手は素人ではなくて保険のプロを選ぶ

相談相手は保険のプロを選ぶ
両親や会社の上司といった「保険のプロではない年長者に相談する」ことは正直あまりおすすめはしません。

何故なら年長者が保険に加入した時代と、現在ではそもそもの時代背景が異なります。

例えば、40年前の日本では、国が支給する年金が手厚かったので保険に求められる役割は現役時代の保障でした。その頃は銀行の貸出金利よりも貯蓄型の生命保険に加入したほうが増える、といったこともあり、銀行からお金を借りてまで生命保険に加入するのがトレンドでした。

医療費についても、昭和58年までは高齢者は医療費がかからず、若年層に関しても自己負担額は原則1割でした。医療費の自己負担額が3割の現在と比較すると30年ほど前の制度は手厚かったといえます。

このように保険を取り巻く制度というのは、時代によって変わります。よって今の時代に合わないアドバイスを受ける可能性が十分にあります。
保険の相談相手は現在の社会保障制度や経済環境等に精通している保険のプロを選ぶのが無難と言えるでしょう。


プロの話を聞きながらも鵜呑みにはしない

プロの話を鵜呑みにしない
保険のプロである保険外交員、保険代理店、ファイナンシャルプランナーに相談すれば、ぴったりな保険商品の候補をいくつも紹介してくれます。ただし、保険のプロにも立場がある以上、アドバイスを全面的に信用するのはあまりおすすめできません。

保険のプロは、保険の販売によって生計を立てている以上、どうしても自社の商品を売り込むという姿勢で相談者の相談に乗ります。例えば生命保険会社に所属している保険外交員の場合、自社の生命保険商品を勧めることを前提としたアドバイスになる傾向があります。

どうしても「自社商品を売る」という前提に立つ以上、中立的なアドバイスや意見をしてくれることが少なくなります。プロにも立場がある以上、ある程度自分で保険について調べることでプロのアドバイスを自分で検証できるようになることをおすすめします。


できれば複数のプロから意見をもらう

複数のプロの意見をもらう
保険の相談は一人のプロに相談するよりも複数のプロに相談したほうが良い結果が見込めます。

どうしてもプロにも立場がある以上、特定のプロにだけ相談をするとプロの立場が色濃く反映された意見をもらうことになるからです。どのプロも少なからず立場ありますが、複数のプロに保険を相談すれば特定のプロの意見の妥当性を確認することができます。

例えば保険会社Aと保険会社Bの外交員に相談をすれば、「Aでは・・・・なアドバイスを受けたのですが、どう思いますか?」といった確認をすることが可能です。複数のプロに保険の相談をするのは面倒かもしれませんが、あなたに合わない保険に加入するリスクが大幅に減るというメリットがあります。

最近ではどの保険会社も電話で保険の相談に乗ってくれます。これを利用して複数の保険会社の相談窓口でどのような保険に加入するべきかを相談してみることをおすすめします。


医療保険に関して相談する際は慎重に

医療保険に関する相談をする際には、まずは一度自分で勉強をすることが大切です。

何も知識がない状態で、誰かに相談しても相手の思惑通りに事を進められてしまう可能性があるからです。

また、相談をする際には複数のプロに話を聞き、いろいろな角度から情報を集めるようにすることが大切です。
そうすることで、本当の意味であなたにぴったりの医療保険商品を見つけることができるのではないでしょうか?




  • 医療保険のお悩み解決記事