新CUREの保障内容と特約のまとめ
保険選びに迷ったらココ!
当サイトNo.1の医療保険

  • ■保険料は格安だが、他の商品と比べると保障は非常に充実
  • ■特約なしで七大生活習慣病と三大生活習慣病の入院保障を得られる
  • ■健康保険のきかない先進医療(※1)保障(最大2,000万)が基本プランにあり
※1 厚生労働省が定めた高度な医療技術のことで、健康保険等の適用が効かない


 当サイトでランキング1位の「新CURE」

新CUREは、大手保険比較サイトの売れ筋ランキングでも上位にランクインしている医療保険ということもあり、気になっている方も多いと思います。

実際、FP(ファイナンシャルプランナー)や医療保険加入者へ行ったアンケートの口コミを見ても、新CUREは非常に評判の良い商品です。

当サイトで徹底比較を行った結果、新CUREは評判だけでなく「月々の保険料に対して、保障・特約のリターンが段違いに優れている」商品だと確信が持てました。

ここでは新CUREの特約や保障・告知内容をはじめ、評判などについても詳しくお伝えしていきます。

今回ご紹介する内容が新CUREへの加入を考えるきっかけとなれば幸いです。

それでは早速見ていきましょう!

≫ 資料請求はこちら

医療保険「新CURE」の商品概要

 まずは、オリックス生命の「新CURE」の商品概要を知って頂ければと思います。 一覧にしてみましたので、以下をご確認下さい。

商品名新CURE
引受保険会社オリックス生命
発売日2013年9月
保険期間終身
契約年齢満0歳~満80歳
加入審査告知書扱い
保険料払込方法月払・半年払・年払から選択
入院給付日額10,000円または5,000円から選択
手術給付金(入院時)原則入院給付額の20倍
手術給付金(通院時)原則入院給付額の5倍
先進医療通算2,000万円まで保障の対象
がん一時金原則入院日額と同額
がん通院原則入院日額と同額
重度三疾病一時金原則入院給付日額の100倍
特筆すべき点3大疾病に対する給付日数が無制限

今回一覧にしたオリックス生命の「新CURE」の中で特に際立つ点は、最後に紹介した「3大疾病(※2)に対する給付日数が無制限」です。
※2 がん(悪性新生物)、心疾患(急性心筋梗塞)、脳血管疾患(脳卒中)

給付日数が無制限である以上、がん、心疾患、脳血管疾患で入院した場合、入院した日付分の日額給付金をもらうことができます。

他の商品なら特約でないとつけることができない三大疾病などの保障内容が、「新CURE」は最初からついています。しかし、保障の手厚さについてまだこれは一部分。

それではここから、「新CURE」の手厚い保障内容について、詳しい説明をしていきます。


他の医療保険にはないユニークなポイント

ポイントを解説  そもそもの話になりますが、「新CURE」は、2006年9月に発売された従来品の「医療保険CURE」をリニューアルした商品です。

もともと「医療保険CURE」は、七大生活習慣病(※3)の保障が手厚く、保障内容もシンプルだったのでオリックス生命の人気商品でした。そんな人気商品の良さを残しながら入院保障の期間を拡張し、保険料も下げたのが「新CURE」という医療保険です。
※3 三大疾病であるがん、心疾患、脳血管疾患に高血圧性疾患(高血圧症)、糖尿病、肝疾患、腎疾患を加えたもの

「新CURE」は、主契約部分で60日型・120日型と入院日数を拡充しており、それに特約を付けると 日本人が最もかかりやすい三大生活習慣病(三大疾患)や七大生活習慣病による入院も入院日数の制限がなくなります。

この七大生活習慣病と三大生活習慣病の入院無制限保障は人気があり、新CUREに加入する人の多くが利用をしています。

充実の保証内容なのに保険料はトップクラスの安さ!

 多くの方が保険を選ぶ際の判断基準としているのは、「保障内容」「保険料」だと思います。

新CUREは旧商品の保障内容を拡充したにもかかわらず、保険料を下げています。それが実現できた理由として、自社の営業職員を置かない代わりに代理店やネット販売に特化していることや、死亡保障や解約返戻金を無くすといった事があげられます。

また、更新型ではなく、終身保障となっているので加入時の保険料が一生涯続きます。例えば、30歳男性(入院日額給付額5,000円、給付上限日数60日、終身払)の場合だと、月々の保険料は1,582円で、この金額が50歳、60歳と続きます。年齢を重ねても月々の保険料が変わらないのは、大きなメリットと言えます。

各年代・男女別の保険料は次の章で詳しくご説明します。

使って得する!4種類のサポートサービス

サービス
名称
24時間電話
健康サービス
セカンドオピニオン
サービス
糖尿病専門
サポートサービス
介護・認知症
サポートサービス
対象者 被保険者及び同居のご家族 被保険者 被保険者 被保険者及び同居のご家族
利用可能
日時
24時間365日対応 月曜~土曜 9:00-18:00
(日・祝 12/31-1/3を除く)
月曜~金曜 9:00-16:00
(土・日・祝 12/31-1/3を除く)
月曜~土曜 9:00-17:00
(日・祝 12/31-1/3を除く)
内容 医師や看護師などの専門的な
知識を持ったスタッフが、24時間
あなたの健康・医療・介護に関する
不安にお答えするサービス
現在診療を受けている
主治医以外の専門医より、
第2の意見をもらえるサービス
糖尿病が心配な方から
治療中の方まで、様々な質問に
お答えし、不安を解消するサービス
ケアマネジャーなどの相談スタッフが、
介護や認知症などの質問・相談
にお答えするサービス

 どのサービスもオリックス生命の「新CURE」に加入しますと、無制限で利用することができます。万が一のときには安心のサービスとなっています。

中でも、セカンドオピニオンに関しては、メンタルヘルス対策事業最大手のティーペック社が提供しているサービスなので信頼できます。

ユニークなポイントのまとめ

■生活習慣病に対する入院保障期間が充実している
■手厚い保証内容なのに保険料が安い
■加入者とその家族が利用できるサポートサービスが充実している

ここまで紹介してきましたようにオリックス生命の「新CURE」は、 サポートサービスの面でも保障内容の面でも優れた医療保険です。


月々の保険料

 先ほども軽く触れましたが、保障内容以外で新CUREの注目しておきたい点は、なんといっても手頃な保険料です。

保険料の安さが注目され、オリックス生命の「新CURE」は価格.comの医療保険ランキング・終身医療保険ランキングで堂々の第1位を取っています。

もちろん保険料が安いからといって保障内容が乏しいというわけではありません。先程も紹介したように「新CURE」には特約を付けずに3大疾病の期限無制限の入院給付制度がありますし、基本の入院保障も60日と長く設定されています。

要するに安くて保障がしっかりしてるので「ただ安い」のではなく、コストパフォーマンスが抜群に高いのです。もちろんコストパフォーマンスが高いといっても数値を見ないとわからないと思いますので下記表をご覧ください。

各年代ごとの保険料目安
入院給付金日額 男性 女性
20歳 30歳 40歳 50歳 20歳 30歳 40歳 50歳
5,000(円) 1,222 1,582 2,187 3,172 1,427 1,707 2,022 2,772
10,000(円) 2,332 3,052 4,262 6,232 2,742 3,302 3,932 5,432


さらにわかりやすいように30歳の男性を例にとって支払い保険料の目安を紹介します。入院時の日額給付額を5,000円、給付上限日数を60日、特約を全く付けない一番オーソドックスな保障内容です。

このケースですと30歳の男性が毎月支払う保険料は、1,582円です。30歳でこの金額の終身保険は基本的にありませんので、基本料金の低さは注目に値します。

ここに特約を付加していくとどのように支払い保険料が変わるか見ていきます。下記表をご覧ください。

それぞれの特約を付けた場合の保険料の推移(30歳男性・終身の場合)
追加保険料(円)基本保険料+特約(円)
重大三大疾病一時金特約9302,512
がん一時金特約50万7302,312
がん通院特約①②(※4)①1,1352,717
②9352,517
特約すべて付加した場合1,8653,447
※4 がん通院特約は単体で加入することができないため、①重大三大疾病一時金特約または②がん一時金特約に加入する必要があります


全ての特約を付け加えても毎月の保険料は、3,447円と、他の生命保険会社の半額程度の保険料で手厚い保障を受けられるので、新CUREのコストパフォーマンスが非常に良いことがわかります。


他の商品との比較表

 新CUREと他の保険商品を比較してみないと実際に良いのかわからないということで、比較一覧を用意しました。 こちらは条件の似た4つの保険商品を比較しています。

商品名 新キュア プレミアムDX も。 メディフィットA
保証比較 入院
手術
先進医療
入院
手術
入院
手術
入院
手術
放射能治療
給付金比較 5,000円
10,000円
5,000円
10,000円
5,000円〜15,000円 3,000円
5,000円
10,000円
特約比較 がん
三大疾病
先進医療
退院
ストレス
先進医療
終身通院
終身在宅
先進医療
通院治療
がん
女性疾患
限度日数比較 60日, 120日 30日, 60日 60日, 120日 60日, 120日
期間比較 60歳払, 終身払 55~70歳払, 終身払 終身払 55~70歳払, 終身払
保険料比較 1,582円 1,597円 2,131円 1,385円
※条件は男性、30歳、終身払、入院保障60日

新CUREは格安の保険料ながら入院・手術はもちろん、三大疾病やがんへの保障が手厚いということから人気商品となっています。

この比較表で特に条件が似ているメディフィットAとの違いは、「診断一時金」にあります。

三大疾病やがんへと診断された場合、メディフィットAを含む他商品だと2年に1回を給付のところ、新CUREは1年に1回となっている点が大きな特徴となっています。

それでは次に保険のプロの意見をみてみましょう。


ファイナンシャルプランナーによる商品レビュー

 今回3名のFP(ファイナンシャルプランナー)の方々に、保険のプロの目線から新CUREの特徴や、加入をおすすめしたい人を聞いてみたので、検討中の方は参考にどうぞ。

FP
FP
國村功志

【レビュー】
新CURE の一番の特徴は、他の医療保険と同程度の保障内容で比較しても保険料が安く、特に男性はかなり安いです。

また、がんと診断されたら受け取れる一時金の他に、がん通院給付金も特約で付けることができ、医療保険とがん保険をこれ一本でシンプルに済ますこともできます

診断一時金は2年に1回が多い中、1年に1回となっているのも頼もしい点です。

【オススメしたい人】
保険料を抑えながら保障内容を充実させたい人におすすめですが、特に新社会人であまり保険料を掛けたくない方、教育費や住宅ローンを抱えており今よりも保険料を削減したいお父様にぴったりです。

FP
FP
ヤマダヒロシ

【レビュー】
オリックス生命の「新CURE」で他社医療保険にない特色は、特約の「がん診断一時金」と「三大疾病一時金」にあります。

他社医療保険は同様の一時金を2年に1回を限度として給付するとしていますが、「新CURE」は1年に1回を限度として給付するとしています。この「1年に1回」はインパクトがあります。他社は「2年に1回」ですから。

「新CURE」を販売する募集人はここを強調して販売しているようですね。確かに、がんの再発時期を統計的にみても部位・ステージにもよりますが、2年以内に半数以上が再発している(※)という結果もあります。

※ 出典:【胃癌学会2008(2ページ目)】胃癌術後再発時期は中央値1年を超えるが、1年以内の再発が4割という報告も

(http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/gakkai/jgca2008/200804/505986_2.html)


日経メディカルから現在のがん治療の在り方に沿った医療保険の1つとして加入選択肢に加えても間違いではないといえます。

【オススメしたい人】
年代としてはがん、三大疾病(がん、心筋梗塞、脳梗塞)の罹患リスクの高まり始めといわれる40歳代からの加入を検討されてもいいでしょう。

性別、既婚未婚に関しても男性女性を問う商品特性は特にありません。

FP
FP
工藤崇

【レビュー】
医療保険のなかで最も支持を得ている医療保険です。三大疾病による入院は支払日数無制限、七大疾病も保障が一生涯と手厚い保障が特徴です。

対応している1,000種の手術保障は入院の有無を問わず、最近は入院を必要としない手術が増えているため、充分な保険金の対象になりとても効果的。

先進医療についても最大2000万円まで保障と、医療保険のなかでも最安レベルの保険料ですが充実した保障内容が魅力です。

【オススメしたい人】
保険のことを良く知らない20代(男性・女性とも)の未婚の方。

保険料が安く、ガンや生活習慣病に対しての保障が充実しているという意見が多くありました。 最後にFPの方々の商品レビューも含め、新CUREへの加入をおすすめしたい人をお伝えします。


新CUREへの加入をおすすめしたい人


 このコンテンツの最後にここまでの内容を踏まえた上で、オリックス生命の「新CURE」をおすすめしたい人はこのようにまとめられます。

  1. 保険料を抑えたい家庭をお持ちのお父さん
  2. 保障が充実した医療保険をお探しの方
  3. 子供を医療保険に加入させたい単身世帯の方
  4. ほかの医療保険には加入できない高齢の方
先程も紹介しましたように 「新CURE」の最大の魅力は、コストパフォーマンスです。この点を考えると教育費や生活費など、毎月のコストがかかる家庭持ちの社会人にぴったりな医療保険と言えます。

それに保障内容が充実している点からも家庭がある社会人にとって、万が一のときには安心できるのでおすすめです。

料金、保障内容ときましたので次に加入対象年齢に目を向けてみます。オリックス生命の「新CURE」は0歳~80歳まで加入できる医療保険です。

この点から考えますと、子供や高齢の方でも入れる医療保険をお探しの方にもぴったりな医療保険と言えます。どうしても子供や高齢の方の場合、病気のリスクがあるので加入できる医療保険が限定されるのですが、新CUREであれば幅広い年代に対応しているので、おすすめできます。

上で紹介しました4つのタイプの1つにでも当てはまるのでしたら、オリックス生命の「新CURE」はあなたにぴったりな医療保険です。

ここだけの話、数ある医療保険の中で、オリックス生命の「新CURE」以上にコストパフォーマンスが高い医療保険はそうありません。ぜひ加入する際の検討材料にして頂ければ幸いです。

≫ 資料請求はこちら

  • 医療保険のお悩み解決記事