掛け捨て型の保険のメリットと積み立て型との違いを徹底解説 このコンテンツでは掛け捨て型の保険の特徴についてまとめています。

保険って色々な種類があってどれを選べばよいか迷いますよね。例えば生命保険を一つとっても保障金をいくらにするか、積立型にするか、掛け捨て型にするかで最適な商品が変わります。

特に今紹介した貯蓄性のある積立型を選ぶかどうかは最適な保険商品を探す際にまずポイントです。なぜなら掛け捨て型と積立型では保険の受取主から毎月の支払い保険料が変わるのでどちらのタイプを選ぶかを決めないと最適な保険は見つからないのです。

この話を聞くと積立型と掛け捨て型の違いが気になると思います。それにどっちがあなたに合うのかはもっと気になるのではないでしょう?

そこでここからは掛け捨て型の保険と積立型の違い、積立型と比較した上での掛け捨て型のメリットとデメリットについて見ていきます。


掛け捨て型保険の「掛け捨て」の意味とは?

「掛け捨て」の意味とは?
掛け捨て型の保険を理解するためには、「掛け捨て」という用語を理解する必要があります。そもそも掛け捨てとは、保険会社から保障を得るために保険料を支払うが(=掛け)、解約返戻金や満期金がほとんどないか全くない(=捨て)保険のことをいいます。

この「捨て」という言葉の部分のインパクトが強く、損をするというイメージを持たれる方が多いように思います。しかし、「掛け」の部分に注目すると、余計(解約返戻金や満期金)なものがない、保障に特化したタイプなので余計な保険料を支払わなくて良いというメリットがあります。


よく比較される積み立て型との違いを徹底紹介

積み立て型との違い
実は掛け捨て型の保険と良く比較されるものに積立型の保険があります。積み立て型というのは、解約返戻金や満期金のあるタイプを指します。代表的な積立型の保険には終身保険や養老保険があります。 掛け捨て型と積み立て型では何が違うのでしょうか?両者の違いを「保険料」・「保障額」・「払戻金の有無」・「受取人の違い」という4つのポイントから見ていきます。


保険料の違い

現在30歳の男性が60歳までの間に2000万円の死亡保障がある生命保険に加入する場合、掛け捨て型の保険に入るか積立型の保険に入るかで月の保険料が大きく変わります。

定期保険(掛け捨て型)の場合、月々約4千円、総額約150万円の保険料になります。逆に終身保険(積み立て型)で2000万円の死亡保障を得るためには、月々約3.6万円、総額約1300万円の保険料を支払うことになります。

2種類の保険の毎月の支払額を比較すると9倍もの差があります。毎月の保険料を低く抑えたいのでしたら積立型を選ぶのは避けることをおすすめします。


保障額の違い

次に掛け捨て型の生命保険と積立型の生命保険を通して掛け捨て型の保険と積立型の保険の保障額の違いを見てみます。

現在30歳の男性が60歳まで毎月1万円の保険料を支払い続ける場合、定期保険(掛け捨て型)では約4700万円の死亡保障が得られます。 その一方で毎月の支払額が1万円の終身保険(積み立て型)に加入した場合、保障金額はだいたい700万円になります。

掛け捨て型の4700万円と積立型の700万円を比較すると保障額はおおよそ7:1ですね。毎月の支払額が変わらないのに保障額が7:1となるといかに掛け捨て型の保険がお得なのかが分かると思います。


解約返戻金の有無

掛け捨て型の保険は、保険料を支払っている期間中、途中解約を行っても解約返戻金は全くないか、あってもごくわずかです。

一方、積み立て型の場合は保険料を支払う度に解約返戻金が積み上がっていきます。保険料を満額支払った後は、これまで支払った総額よりも大きな解約返戻金を受け取ることができます。

仮にあなたが30歳から60歳までの期間に保険料を払い終えるプランに加入したとします。このケースで保険料の支払いを終えた60歳の時に保険を解約すれば、解約時の払戻金はこれまで支払った総額の1.2倍になります。(プランによる)

つまり解約払戻金がある積立型の保険の場合、タダ以上の条件で保障を受けることが可能なのです。


受取人の違い

掛け捨て型の保険と積立型の保険では受取人に大きな違いがあります。例えば解約払い戻し機能がある積立型の生命保険の場合、解約時の返戻金と満期金は保険に契約した本人が受け取ることになります。

要するに、積み立て型の保険は自分のために掛けることができる保険なのです。

一方で本人が亡くなった時に保障金が発生する掛け捨て型の生命保険の場合、保障金をあなたが受け取ることはできません。払い戻し機能がない以上、掛け捨て型の生命保険は契約者の幸せのための保険ではないのです。

掛け捨て型と積立型では保障金の受取対象者が全く違うという点は必ず押さえることをおすすめします。


積み立て型にはない掛け捨て型の3個のメリット

メリット
ここまで積立型の保険と掛け捨て型の保険の違いを見てきました。そこでここからはこれまでの内容を踏まえた上で掛け捨て型の保険のメリットについて紹介していきます。


保険料が格安

1つ目のメリットは、積み立て型に比べると掛け捨て型は保険料が格安なことです。

先程も紹介しましたが、現在30歳の男性が2000万円の死亡保障を掛け捨て型の定期保険と積立型の終身保険で得ようとします。

この場合、定期保険の毎月の支払保険料は終身保険の保険料よりも格段に安くなります。どのプランに入るかで若干の違いはありますが、掛け捨て型と積立型の毎月の保険料には3万円ほどの差が生まれます。 毎月3万円の差が発生する場合、30年後の60歳の時には支払保険料の累計差額は1000万円にのぼります。

毎月3万円、30年で1000万円の保険料を削減できれば色々なものを買えますよね。節約した保険料を他の投資に回すのも良いですし、海外旅行や新車の購入費に回すことも悪くありません。


大きな保障が得られる

2つ目のメリットは、掛け捨て型の保険は払い戻し機能がないので積み立て型に比べて大きな保障を得られる点です。

例えば30歳の男性が60歳までの期間に絞って3,000万円の死亡保障を受ける場合、積立型の保険なら毎月の保険料は6,000円ほどになります。この6,000円の保険料で加入できる積立型の生命保険の場合、保障金額は300万円~400万円になります。

6,000円で3,000万円の保障が受けられる保険とたったの300万円しか受けられない保険。どっちが保障内容が手厚いのかは言うまでもないですよね。


見直しが容易

3つ目のメリットは解約返戻金がないために、解約をしても特に損をすることがなく、見直しをしやすいというメリットがあります。

積み立て型の場合、保障と貯蓄を兼ね備えているため、早期に解約をすると損をしてしまいます。満期になる前に途中で保険を解約してしまった場合、支払った保険料の7-8割程度しか戻ってこないことが多いので貯蓄機能がマイナスに働きます。

その一方で掛け捨て型の場合、貯蓄機能がないので保険料の支払いをやめれば特に損することなく解約できます。比較的簡単に保障内容を見直せるという点は積立型の保険にはない掛け捨て型の保険のメリットです。


積み立て型と比較した上でのデメリット

デメリット
今後は逆に積立型の保険と比較した上で見劣りする掛け捨て型の保険の特徴について紹介していきます。

解約返戻金がないか、あってもごくわずか

1つ目のデメリットとしては、解約返戻金がないか、あってもごくわずかなことです。解約払戻金が期待出来ない以上、保険商品に貯蓄機能を求める人にとって掛け捨て型の保険は都合の悪い商品になります。


満期金がない

2つ目のデメリットは満期金がないことです。掛け捨て型の定期保険は、その名前の通り期間が定まった保険のため、期間が経過するとその保険は終了となります。

その間に何事もなければ何も受け取るものがなく、掛け続けてきた保険料は結果として無駄になってしまいます。満期時の払戻金を手に入れてトータルの保険料を下げたい人にとって掛け捨て型の保険は相性が悪いと言えます。


結局あなたに合う保険はどっち?

あなたに合う保険は?
ここまで見てきたとおり、掛け捨て型と積み立て型の大きな違いは、解約返戻金と満期金という貯蓄機能があるかどうかです。

もしあなたが保険には貯蓄機能を求めないのでしたら積立型の保険を避けることをおすすめします。どうしても積立型の保険は貯蓄機能がある分、毎月の保険料が高くなる上に保障内容の見直しがしにくくなります。

この点を考えるとほとんどの人にとって保険は掛け捨て型の方が都合が良いと言えるのではないでしょうか?



  • 医療保険のお悩み解決記事