メディフィットReの口コミ評判と魅力
健康に不安がある方の強い味方「メディフィットRe(リリーフ)」


■持病を抱えている人でも加入できる終身保険
■がんに関して、一番安いプランでも無制限保障
■日帰り入院や日帰り手術も保障金が出る



» 資料請求はこちら

今回ご紹介するのは、メディケア生命の「メディフィットRe(リリーフ)」です。 メディフィットReは、限定告知型医療終身保険と呼ばれている保険商品で、保険に加入する際の告知(審査)項目が3つしかないので現在持病を抱えている人でも加入しやすい保険になっています。

もちろん審査基準が緩いとはいっても、保障内容が薄いというわけではありません。

平成27年の厚生労働省「がん対策推進協議会」の発表によると、ガンは昭和56年から現在まで死因第1位であり、生涯のうちに約2人に1人がガンにかかると予測されています。

メディフィットReは、ガンに対する保証内容が充実。例えば、ガンによる入院に対して給付金の支払日数が無制限だったり、上皮内がんに対しても保障がされているなど他社にはない魅力があります。

このコンテンツでは持病がある方でも加入しやすい、メディケア生命「メディフィットRe」の保障内容や口コミ、評判についてまとめてみました。


おすすめ医療保険「メディフィットRe」の保障内容

このコンテンツのはじめに、メディケア生命のメディフィットReという医療保険の基本的な保障内容について紹介します。


気になる保障内容の紹介

まずはメディフィットReの保障内容を一覧にしてみました。

メディフィットReの保障一覧
 
給付対象3大疾病(がん・脳卒中・急性心筋梗塞)
その他の病気・怪我による入院と手術
保険料の支払い方法終身タイプの医療保険
入院医療の給付金(日額)入院日数×1日あたりの給付金
(10,000円or5,000円or3,000円)
*1回あたりの入院の上限支給日数は60日)
*入院理由がガンの場合は支給日数が無制限
基本プランの手術給付金入院給付金の日額×10倍(手術I型)
外来での手術の場合は日額×5倍(手術I型)
*手術I型ではなく手術Ⅱ型なら給付額が増える
放射線治療基本給付金×10倍
*利用できるのは60日に1回
骨髄移植術基本給付金×10倍
*利用できるのは60日に1回
がん保障の内容上限日数がないがん入院保障あり
特筆すべきポイント先進医療の永久保障特約あり
がん関連の入院には支払日数が無制限
他社の医療保険に入れなかったとしても加入できる可能性がある
日帰り入院も一時金の対象になる
今回一覧にした中で大きなポイントになるのは、「他社の医療保険に入れなかった人でも加入しやすい」点です。

メディケア生命のメディフィットReは緩和型の医療保険になるので、一般の医療保険に比べ、加入時の審査項目が少ないのが特徴。審査項目3つだけなので持病や既往歴がある方でも加入できる可能性があります。

また、メディケア生命のメディフィットReの保証内容で特筆すべき点は、基本のプランでもガンの入院保障がついていることです。

他の医療保険ですと、医療保険とは別でがん保障に加入したり、特約でがん保障をつける必要がありますが、主契約の保障にがん保障が含まれているのは安心です。

さらに、がん保障以外でメディケア生命のメディフィットReが際立つのは、日帰り入院も入院保障の対象になる点です。

つまり半日の入院や、数時間の入院も入院とカウントされるので入院給付金がもらえますし、手術給付金の額も入院時のレートでもらえます。

加入した日から入院保障とガン保障という2種類を備えているため、安心できると思います。そんな保障の手厚いメディフィットReのプランには、手術Ⅰ型とⅡ型の2つのプランがあります。

2つのプランの特徴についてはこれから紹介していきます。


手術Ⅰ型と手術Ⅱ型の違い

ここでは手術Ⅰ型と手術Ⅱ型におけるメディフィットReの保障内容についてまとめてみました。

手術Ⅰ型・Ⅱ型の保証内容
2種類のプラン 手術Ⅱ型手術Ⅰ型
3大疾病における入院時の手術
(開頭術・開胸術・開腹術)
基本給付金の40倍基本給付金の10倍
3大疾病における入院時の手術
(開頭術・開胸術・開腹術以外)
基本給付金の20倍
3大疾病以外の入院時の手術
(開頭術・開胸術・開腹術)
基本給付金の20倍
3大疾病以外の入院時の手術
(開頭術・開胸術・開腹術以外)
基本給付金の10倍
外来時の手術基本給付金の5倍
ここで一覧にしたようにメディフィットReには、手術Ⅰ型とⅡ型があってそれぞれのプランで手術時の給付金の額が変わります。保険加入時に決めた入院日額金に該当症例のレートを掛けて算出された金額が手術の度に給付されます。

ちなみに手術Ⅰ型よりも手術Ⅱ型の方が手術時の給付金の額が大きいですが、手術Ⅰ型の方が保険料は安くなります。どちらが良いかは人によって違いますが、健康に不安を抱えているのでしたら手術保障が手厚いⅡ型の方が良いかと思います。


保険料の目安とメディケア生命の告知書の概要

次にメディフィットReの保険料の目安金額と、加入時にメディケア生命に伝えなければいけない告知項目について紹介していきます。最初に保険料の目安金額を加入年齢ごとに紹介し、その後にメディケア生命のメディフィットReの告知項目を紹介します。

 

気になる年代別保険料の目安

ここではメディケア生命「メディフィットRe」の医療保険料の目安金額を年代別に紹介していきます。

これからご紹介する保険料は、上記でご紹介した手術Ⅰ型という基本プランで、入院保障金額5,000円、先進医療特約を付けたコースの料金になります。

年代別の保険料目安
対象年齢男性の医療費(円)女性の医療費(円)
20歳2,7502,865
30歳3,0602,970
40歳3,6153,235
50歳4,4503,875
60歳5,6254,885
70歳7,2856,480
80歳10,1908,970
メディケア生命のメディフィットReは終身タイプの医療保険なので、加入時の金額がそのまま一生涯続きます。

また加入年齢が「20歳」からになっている点も注目すべき点です。毎月の支払保険料は加入時の年齢が若ければ若いほど安くなるので、年齢を重ねてから入るよりもお得です。


メディケア生命の告知書の特徴

ここではメディケア生命のメディフィットReに加入するための告知(質問)項目を3つ紹介します。

  • 直近2年の間に手術や入院をしていないこと
  • 直近5年の間にがん・慢性肝炎・腸硬変の診察・検査・治療・投薬を受けていない
  • 直近3ヶ月以内に医師から手術・入院・先進医療の利用の勧告を受けてないこと


上記の告知(質問)項目に当てはまらないのであれば、申込むことができます。 告知書で求められる項目がたったの3つというのは、他の医療保険よりも保険加入基準が低いといえます。他社の医療保険には入れなかった人でも加入できるチャンスがあるのはメディフィットReの魅力です。


他の医療保険にはないメディフィットReの5つの魅力

ここでは他社の医療保険にはないメディケア生命のメディフィットReの5つの魅力について紹介していきます。


持病を抱えている人でも入れる終身医療保険

メディフィットReは、緩和型の終身医療保険です。緩和型という文字の通り、審査基準が一般的な医療保険よりも緩くなっているので、持病があったり、過去に大きな病気をわずらった人でも加入できるチャンスがあります。

審査基準が緩く、加入しやすい終身型医療保険をお探しでしたら、持病を持っている人でも加入しやすいメディケア生命のメディフィットReはおすすめの医療保険です。


緩和型医療保険でありながらも年齢制限が緩い

メディケア生命「メディフィットRe」の魅力2つ目は、緩和型の医療保険でありながらも加入年齢の幅が広いことです。緩和型医療保険の中には加入年齢が満30歳~、40歳~といった保険もある中、20歳~85歳という幅が広い点は注目に値します。

メディケア生命のメディフィットReは、終身型で加入時の保険料は一生涯変わらないので、若いうちに入ると毎月の支払額を抑えることができます。20代でも加入できる終身タイプの緩和型医療保険なので、過去に大きな病気をしたり、持病がある若い方にもおすすめできます。


がんによる入院は無制限保障

他の緩和型医療保険と比較した上で際立つメディケア生命のメディフィットReの特徴は、がん保障が主契約の保障についていることです。ガンによる入院は、支払日数が無制限なので入院日数に応じた入院給付金を受けとることができます。

例えば、1年間365日まるまる入院した場合、入院給付金が365日分受け取れるということになります。ガン保障が主契約に盛り込まれた医療保険は少ないにも関わらず、入院の給付日数に制限までないというのは注目に値します。


日帰り入院や日帰り手術も保障金が出る

メディケア生命のメディフィットReは、日帰り入院も入院保障の対象になります。それに日帰り入院中にメディケア生命が給付の対象としている公的医療保険制度対象手術を行った場合、基本給付金の10倍の金額を受け取れます。

また仮に日帰り入院としてカウントされず、外来という形で公的医療保険制度対象手術を受けた場合も給付金の対象となります。外来の手術時の給付金額は基本給付金の5倍となっていますが、手術を行う度に給付金が発生する点は注目に値します。


格安で先進医療の特約に入れる

メディケア生命のメディフィットReの5つ目の魅力は、格安価格で給付金の対象範囲を先進医療にまで広めることができるです。毎月の保険料の支払いを1割程度増やすだけで医療保険の給付対象を公的医療保険制度該当手術に加え、先進医療も対象にすることができます。

この先進医療の特約の内容は、メディケア生命が給付対象と定めた先進医療を受ける際は、手術の自己負担額の給付と5万円の手術一時金が発生します。保障金額は最大で2,000万円で、保障期間は一生涯なので保障金額の面でも保障期間の面でも申し分がありません。

条件の良さが際立つ先進医療特約をわずかな保険料の増額で受けられるのは、他の医療保険にはないメディフィットReの持ち味の1つです。


利用者の口コミと評判

ここまで紹介してきましたメディケア生命のメディフィットReのインターネット上の評判を調べてみると、これから紹介する6種類の評価が目立ちました。

  1. 他の会社の緩和型医療保険よりも割安
  2. 持病がある人でも入りやすい医療保険
  3. がんによる長期入院に備えることができる
  4. 抗がん剤治療の保障があるのが嬉しい
  5. 他の会社の医療保険よりも手当が手厚い
  6. 85歳まで入れるので高齢者に優しい

今回紹介した6種類の評価の中で特に目立ったのは、ガン関連の保障の手厚さと保険料の安さです。

ガン関連の保障に関しては、主契約にガンの入院保障があり、支払無制限にあることに加えて放射線治療に対する治療給付金があります。ガン保障付きの緩和型医療保険が少ないことを考えると、ガン関連の保障に関する評価が高いのも頷けます。

保険料の安さに関しても、他の会社の緩和型医療保険だと月々3,000円を超えるものも多い中、20歳、入院給付金5,000円、手術Ⅰ型の場合だと2,000円台に収まるので料金的にもおすすめの商品となっています。




どんな人と相性が良い医療保険なのか?

次にメディケア生命のメディフィットReをおすすめしたい7つの人物像について紹介します。

  1. 持病を抱えている人
  2. 過去5年以内に大きな病気を患った人
  3. 体調を崩した経験がある高齢者
  4. 通常の医療保険への加入を断られた人
  5. 緩和型医療保険の医療費が気になる人
  6. ガン保障付きの医療保険をお探しの人
  7. 60代以降でも加入できる医療保険をお探しの人

今回ご紹介した人物像に当てはまるのであれば、メディフィットReはおすすめの医療保険といえます。


メディケア生命の人気商品に関するまとめ

ここまで紹介してきた内容をまとめると、メディケア生命のメディフィットReは緩和型医療保険なので通常の医療保険よりも加入しやすく、加入対象年齢も20歳~85歳と幅広いです。

さらに保証内容に関しても、がんへの保障や入院手術の保障が充実しているので、持病や既往歴がある方にもおすすめの保険となっています。

ぜひ加入する際の検討材料にして頂ければ幸いです。


» 資料請求はこちら

  • 医療保険のお悩み解決記事