医療保険にはどんな種類があるのか?FPが教える大分類術
このコンテンツでは医療保険の種類と違いについてまとめています。

  • 「医療保険ってそもそも何?」
  • 「医療保険って何種類あるの?」
  • 「正直種類の違いが分からない・・・・」

こんなモヤモヤを抱えている方もいるのではないでしょうか?

ここだけの話、医療保険には色々な種類があるのでぴったりな商品を探すのが大変だと思います。医療保険について網羅した当記事を読むことで、大変な気持ちは更に強まるかもしれません。

しかし、これは逆にチャンスと捉えることもできないでしょうか?

何故なら色々な種類の医療保険がある以上、各種類の違いを掴むだけであなたとの相性が悪い商品を選んでしまうことを避けられるためです。

今回のコンテンツではFPである筆者が医療保険のそれぞれの種類の違いについてまとめています。


そもそも医療保険とは?社会保険との関係は?


まず民間の医療保険とは、公的な医療保険では費用が保障されない部分をカバーする目的で入る保険です。

ちなみに公的な医療保険とは、社会保険といわれる国民健康保険などのことです。
公的な社会保険は被保険者の自己負担が3割になるように保障をしています。
その保障がメインで、高額医療費や傷病手当金の保障も行われています。

その社会保険でカバーできない部分を、民間の医療保険でカバーすることができるのです。

原則としては、病気やけがで入院した時の治療費を保障しています。
それに加えて特約により下記の内容を保障できる場合もあります。

・手術費用
・通院費用
・診断費用etc..

違いについての理解はこれで問題ありません。
では次から詳しく、民間の医療保険の種類について見ていきましょう。

6種類の医療保険商品の違い


一口に医療保険といっても様々な種類の保険があり、各種類で保証内容や持ち味が大きく変わります。そこでこのコンテンツのはじめに医療保険を6種類に分けた上で一覧にしてみました。

医療保険の種類
各種類の医療保険の特徴
おすすめの被保険者
終身タイプ
保険料は契約時の料金のまま 
保証内容の見直しが利かない
全年代
特にサラリーマン
定期タイプ
保証期間が決まった医療保険
終身保険よりも保険料が安い
期間が来れば保障が消える
子供
女性向け
女性向けの特約が多い医療保険
妊娠や更年期障害への保障が手厚い
給付の保障が手厚め
独身女性
主婦
貯蓄型
保険の解約時に払戻金が発生する
毎月の保険料は普通の保険より高い
長期で見ると保険料が無料になることも
家族持ちのお父さん
引受緩和型
保険加入時の審査が緩い医療保険
持病持ちの人でも申し込みができる
毎月の保険料は若干高い
持病をお持ちの方
無選択型
告知せずに加入できる保険
保険料は一般の医療保険の3倍以上
取り扱っている保険会社が少ない
重度の持病をお持ちの方

6種類の医療保険のそれぞれの特徴についてはこれから1つずつ紹介していきます。

終身医療保険の特徴


最近販売されている医療保険の多くの種類を占めるのが終身タイプの医療保険です。終身タイプの医療保険が何かと言いますと、あらかじめ決めた保証内容が一生涯継続するタイプの医療保険です。

終身タイプの種類の医療保険のメリットは、契約時の保険料が上がる心配をせずに被保険者が望む保証を受け続けられます。基本的に保険料は年齢が上がるにつれて上がるので最初に決めた条件で保障を受け続けられるのは注目に値します。

逆にデメリットとしては、一度決めた保証内容が継続されるので保証内容の見直しが出来ない点が挙げられます。保証内容を見直す場合、被保険者は今の契約を放棄して新しい保険の種類を選ぶか、今契約している保険の種類を新規で入り直す必要があります。

終身保険は契約の見直しが利かないので保証内容がしっかりした種類の医療保険を選ぶことをおすすめします。ちなみに筆者のイチオシの終身型の医療保険はオリックス生命の『医療保険 新CURE 』です。

こちらの医療保険は、一番安いプランでも三大疾病の無制限入院給付特約が含まれています。がんをはじめとした三大疾病にかかっても安心して療養できるので若くて保険料が安いうちから入るメリットが大いにある保険です。


定期型の特徴


被保険者の契約期間が決まっている種類の医療保険です。終身医療保険とは異なり短い期間の保険なので、保険料負担が少ないのが特徴です。

契約時の年齢がまだ若く、将来的に保証内容の見直しを検討しているような場合はフレキシブルに活用できます。ただし先程紹介した終身タイプの医療保険と違って満期がある種類の保険なので、被保険者は満期が来る度に保険の再加入手続きが必要になります。

医療保険の保険料は年齢が高くなるにつれて上がりますので、満期が来る度に保険料が上がることが想定されます。長期に渡って保険に加入することをお考えでしたら定期保険よりも終身型の医療保険の方がお得なこともあります。

定期型の種類の医療保険を利用する際はこの点に注意することをおすすめします。


女性向け医療保険の特徴


終身医療保険や定期医療保険に女性特有の病気になった場合の保障を付帯した種類の医療保険です。

乳がんや子宮頸がん、子宮筋腫といった女性特有の病気で入院した場合、被保険者は給付の対象になります。当然入院の際には正規の入院給付金も発生しますので女性向け医療保険の場合は、 入院給付金と女性疾病の特約という2つの種類の保証金がもらえます。

あまり知られていまいのですが女性特有の種類のがんだけではなく、妊娠の合併症なども対象となります。精神的にナーバスになったとしてもお金の心配をせずにゆっくりと療養ができるので、その名の通り女性の味方と言えます。


貯蓄型の特徴


貯蓄をしながら被保険者が病気に備えられる種類の保険があったら嬉しいですよね。そんな銀行預金と医療保険を足して2で割ったような医療保険として貯蓄型医療保険という種類があります。

貯蓄型の医療保険は、保険を解約する際に今まで支払ったお金の一部または全て被保険者に返却される種類の医療保険です。分かりずらい説明になってしまったので数字を使ってもう少しシンプルに説明していきます。

例えば今40才のあなたが毎月4千円の終身型の貯蓄型の医療保険に入ったとします。そしてあなたが加入した終身型の医療保険の満期が30年、満期時の返却率が80%と仮定します。

終身医療保険である以上、毎月の保険料は常に4千円なので年間で4万8千円(4千円×12)、30年間で144万円(4万8千円×30)の保険料を支払うことになります。

ここまでは一般的な種類の終身保険と変わらないのですが、今回の貯蓄型の医療保険ケースですと総コストの8割が手元に戻ります。ちなみに今回のケースにおける8割というのは、115万2千円になります。(144万円×0.8)

115万2千円が還元される以上、30年間の実質の保険料は(144万円-115万2千円)の28万8千円となります。この総コストを年間ベースに落とし込むと9,600円(28万8千÷30年間)になり、月間ベースに落とし込むと800円になります。(9,600÷12)

このように実質コストが800円で手厚い保障が受けられるのが貯蓄型の種類の医療保険の特徴です。払戻金があるので実質の保険料を下げられ、まとまったお金が被保険者へ戻ってくるので最近注目されています。

引受緩和型医療保険


今回紹介するのは、引受緩和型医療保険という被保険者になるための審査基準が緩い医療保険です。

このタイプの医療保険の場合、保険の加入時に申告が求められる告知項目が2個~4個くらいしかありません。保険会社側が定める告知項目さえ満たしていれば持病を持っている人であっても過去に大病を患った人でも加入することが出来ます。

例えば引受緩和型医療保険の中で有名な保険商品としてメットライフ生命の『Flexi Gold』があります。こちらの医療保険の場合、告知項目はこれから紹介する3つしかありません。

  1. 直近3ヶ月の入院や手術の勧告有無
  2. 直近1年における手術および入院の有無
  3. 直近5年間におけるがんや肝硬変関連の入院歴と手術歴の有無


ここで紹介した3つの項目の中に該当するものがない場合、過去にガンを患った人でも医療保険に入れてしまいます。一部の引受緩和型医療保険の中には糖尿病や不治の病を抱えている人でも加入できる医療保険もあります。

もちろん良いことばかりではなく、毎月の保険料に関しては一般の医療保険の1.5倍~2倍近くかかるという面もあります。保険料に関しては少しネックですが、持病を抱えた人でも入れる引受緩和型医療保険は最近注目されています。

無選択型の医療保険の特徴


次に紹介する種類の医療保険は、無選択型の医療保険です。

この種類の医療保険は、保険会社に告知をせずに加入できるので引受緩和型医療保険よりもはるかに審査がゆるいです。引受緩和型医療保険にも落ちてしまった人にとって最後の砦になります。

もちろん審査の緩さと保険料は反比例の関係にあるので、無選択型の医療保険の月額は一般の医療保険の数倍かかります。それに無選択型の医療保険を提供している保険会社はほとんどないので、どうしても保険商品の種類を選ぶ余地がなくなります。

審査が緩いのは確かに魅力ですが、可能な限りは別の種類の医療保険を利用したほうが良いでしょう。


最高の種類の商品を見つけるコツ


6種類の医療保険商品の中から、特徴を把握するのは大変です。
ましてやぴったりな保険商品を見つけるのは本当に難しいことです。

1つ保険に関するアドバイスを述べるとすると、自分に合った特約を選ぶことによって自分好みの医療保険にカスタマイズしてしまうというものがあります。

医療保険は入院日額というシステムで、1日当たりの給付が出ます。
そこに特約というオプションをつけることで、給付に差を付けることができるのです。

主な給付が支払われる特約の種類については下記の通り。

■通院特約
⇒通院一回につき、被保険者は給付を受け取れます。

■女性疫病特約
⇒入院した際に被保険者は給付を受け取れます。保険によっては手術給付金がでるものもあります。

■先進医療特約
⇒先進医療による治療の際に、被保険者は給付を受け取れます。

■退院後療養特約
⇒退院後に被保険者は給付を受け取れます。

■三大疫病特約
⇒がん、脳卒中、心筋梗塞になった場合被保険者は給付を受け取れます。 ただし、病気にかかってなおかつ所定の状態になった時に限ります。

これらの特約を組み合わせて、自分に合った医療保険を作成してみるのも良い選択です。

しかし、「色々考えてもどこの医療保険がいいのがわからない!」という方もいるのではないかと思います。

最終的には、保険の代理店や、ファイナンシャルプランナーに相談してみるのが一番。

保険のプロに相談しますとあなたの意向を聞いた上であなたにぴったりな種類の医療保険を提案してくれます。保険商品を紹介してもらう際に気をつけたいことは、今の懸念材料を包み隠さずに話すことです。

例えば既往症の話や経済状況の話をした方が、あなたにぴったりな種類の商品を教えてもらえます。変に着飾って表面的な希望しか出さなかったりすると本当の意味であなたにぴったりな種類の保険に巡り合うチャンスを逃すことになります。

色々な種類の商品があるので自力で探すとドツボにはまるおそれがあるため、適宜プロの意見を聞くことで失敗のリスクを軽減できます。ちなみに筆者イチオシの医療保険についてはこれから紹介していきますので気になる方はチェックしてみてください。

筆者イチオシの保険商品

個人的におすすめしたい医療保険はこのコンテンツ内でも紹介しましたオリックス生命の『新CURE 』とメットライフ生命『Flexi Gold S』です。

前者の『新CURE 』は、基本プランの保証の手厚さが日本一と噂されている今話題の医療保険です。

一番安いプランでもがんをはじめとした生活習慣病に対する保障がしっかりしています。保険を運営している会社がオリックス生命という超大手企業なのでサポートの質の高さも指折り付き。迷ったら『新CURE !』と声を大にしたいくらいです。

» 新CUREの詳細はこちら



後者の『Flexi Gold S』は、引受緩和型医療保険の中でも審査基準が緩いと話題の医療保険です。持病をお持ちの方でも加入できますし、保険料も適正な水準になっています。保険料が低く、審査基準が緩いので持病を抱えている方に最も優しい医療保険の1つです。

» フレキシィゴールドSの詳細はこちら



もちろん今回紹介した商品以外にも良質な医療保険はありますが、選択肢の1つには入れておくことをおすすめします。どの種類の医療保険が良いか迷いましたら、まずは『新CURE 』と『Flexi Gold』について調べてみてはいかがでしょうか。



  • 医療保険のお悩み解決記事