女性の医療保険と生命保険のおすすめの入り方 女性が保険を選ぶ場合、主に医療保険を選択し、生命保険は死後にかかるもろもろの費用を賄える程度の保障にして保険料を抑えるのがおすすめでしょう。

平成26年に遺族基金年金の支給条件が変更されてから、母子家庭だけでなく、父子家庭でも受給が可能となりました。

このため、専業主婦の方は特に生命保険よりも医療保険に加入することをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断