医療保険を検討する際の注意点 医療保険を検討する際は、通院や入院が長引いたケースを想定して1ヶ月に必要な医療費と治療の為に不足する生活費を試算して、それらの費用を医療保険でどこまでカバーするのか検討する事をおすすめします。

この際、保障を手厚くすれば万が一の場合でも安心出来るのですが、その分保険料の負担が大きくなる事は忘れないようにしましょう。

そこで、入院時の生活費が不安だから、一時金を受け取れる手術給付金のある医療保険にしようと、具体的な保障内容を比較し医療保険を選ぶのがおすすめです。

また、付加給付制度がある方とない方では、医療保険の選び方も違ってきます。

例えば、付加給付制度のない人は、1ヶ月に支払う医療費の上限が高額療養費制度の自己負担限度額となります。
また、国民健康保険に加入している方は、ケガや病気で仕事を休んだ時に給付される傷病手当金がないのです。
こういった経済事情を考慮すると、不足しがちな生活費や医療費をカバー出来る、入院保障や通院保障の充実した医療保険に入っておくことをおすすめします。

一方で、付加給付制度がある方は1ヶ月間に負担する医療費が大きく軽減され、傷病手当金もあるので治療中の生活費の不安も少なくなるのです。

不要な保障を削り、必要な保障が手厚い医療保険を選ぶなど、保険料の負担が軽いプランを選択肢に加える事をおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断 side保険診断
    医療保険おすすめ.com PC 医療保険おすすめ.com SP