定期医療保険のメリット 終身医療保険は、一生涯保障が続いて、保険料も契約時から一切変化しません。
ですが、保険の契約内容や保障内容も変わらないというデメリットもあるのです。

例えば結婚するかしないかや、子どもを出産するかどうなど、将来には予測できないようなライフスタイルの変化が存在します。
そういった変化に対応出来ないというデメリットがあるのです。

また、医療技術の進歩によって、備えるべき保障内容が変化することもあります。
保険商品も、新しい商品が生まれる場合があります。
終身医療保険は変化に対応できないという点がデメリットと言えるでしょう。

対して、定期医療保険は、5年、10年で契約は切れるので、節目で保険を見直す事ができるのでおすすめです。
出産や結婚などのライフプランの変化に応じ、保障を手厚くしたり、逆に保険料を安くするなど、個人のライフスタイルに合わせた保障の持ち方を考え直す事が可能なのです。

若い方を中心に、今後のライフスタイルの変化に応じて見直したいという方には定期医療保険がおすすめと言えるでしょう。

もう1つのおすすめのメリットは月々支払う保険料が安いということです。

保険料が変化しないから、終身医療保険の保険料の方が安いのでは、と思う方もいるでしょう。
ですが、短期間で考えた時、定期医療保険の方が保険料が安くなるのです。

例えば、20歳で終身医療保険に加入した方の50歳の時の保険料と20歳で定期医療保険に加入し、10年ごとに更新していった方の50歳の時の保険料を比較すると、更新する度、保険料が増加しているので、当然定期医療保険に入っている方の保険料の方が高くなるのです。

しかし、短期間で見ると、定期医療保険の方が、支払う保険料は安くなるのでおすすめです。

また、20歳で終身医療保険に加入した方の20歳の時の保険料と20歳の時に定期医療保険に加入した方の20歳の時の保険料を比較すると、定期医療保険の保険料の方が安くなります。

終身医療保険の場合には、歳をとった際の保険料を若い時に先払いしているような要素がありますが、定期医療保険の場合は限られた期間のみの保障となるので、保険料が安くなります。

つまりは、短い期間だけ保障を持ちたい場合は定期医療保険の方が保険料を安く抑えることができるので、おすすめでしょう。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断