単体で医療保険と死亡保険に加入する 生命保険の医療保険と死亡保険を単体で加入する事をおすすめしています。
保険の基礎となる部分を主契約と言いますが、主契約の死亡保険に医療特約をつけた場合、または主契約の医療保険に死亡特約をつけた場合は、主契約を解約すると特約も無くなってしまいます。

生命保険は10年以上の長期契約が前提なので、経済状況が変化し、保険料を支払えなくなるということが起きてしまうかもしれません。
医療保険と死亡保険を単体で用意しておくことで、どちらか一方を残す事が可能なのです。

生命保険は各生命保険会社で特色がある医療保険や死亡保険が販売されています。
医療保険と死亡保険を個別で用意する事によって、より良い条件で保障を用意出来るのです。
そのために生命保険は、1つの生命保険会社で医療保険と死亡保険を用意するのではなく、自身にあった保障を用意出来る生命保険会社を選択する必要があるのです。

別会社の生命保険を組み合わせる事でより厚い保障を用意できるので、おすすめです。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断