主婦が入院したら家族は暮らしていけるのか 死亡保険と同様で、医療保険の加入についても主婦がケガや病気で入院をした際の、家族の暮らしを想定しながら考えていくのがおすすめです。

ほとんどのケガや病気の治療は、公的医療保険の保障対象となります。
ですので実際に医療機関の窓口で負担する自己負担額は、掛かった医療費全体の3割で済むのです。

また、1ヵ月の医療費の自己負担額が、収入に応じて決められた上限額を超えた場合、越えた金額が還付される高額療養費制度というのも存在します。

こういった制度があるので、短い期間に何百万円もの治療費を支払わなくてはいけないケースは少なく、安定した収入のある世帯やまとまった貯蓄が出来ている世帯なら、主婦の医療保険の必要性は、高くないと感じるでしょう。

ですが、貯金の少ない場合や、家族の家事スキルが低く、心配という家庭の場合、主婦の医療保険への加入の重要性が増すでしょう。
主婦がケガや病気をした際に、入院や治療に関する直接的な経済的負担だけでなく、生活全般に影響を及ぼす可能性が高いのです。

たとえば、風邪で寝込んでいる間にも、家中散らかって洗濯物が溜まってしまっただとか、誰も家事が出来なくて困るといった残念な経験を持つ主婦の方は、たくさんいるでしょう。
シッターさんを頼んだり、お弁当を買ってきたりと、想定外の出費が出てしまう方もいると思います。

これが入院ともなると、事態は少し深刻になるでしょう。
なので、医療保険を活用して、思いもよらぬ支出の為に備えておく事をおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断