医療保険で出産費用は補えるか 帝王切開、切迫流産、切迫早産、吸引分娩、前置胎盤などリスクを伴った分娩は全体の2割弱とされています。
なので、分娩の為だけに医療保険に加入すると、対象にならない事の方が多いのです。

ですが、万が一に備える保険という事を考えると、役に立つケースは多いのでおすすめです。

例えば、前期破水によって出産前は健康保険適用で入院、出産後は健康保険非適用で入院となった場合、出産前の入院だけ医療保険の入院給付金の対象となります。

また、出産時ではなく妊娠中に医療保険が利用できるケースとしては、妊娠初期のつわりや、子宮外妊娠、妊娠中毒症によった入院等が存在します。
公的医療制度と上手に併用できれば、妊娠から出産に掛かる費用をカバーする事ができるのです。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断