支払い方法は終身払いと短期払いどっちがおすすめ? 終身タイプの医療保険の保険料の支払い方法には、大きく分けて短期払いと「終身払い」の2つが存在します。

短期払いの良い箇所は、終身払いと比べて支払う保険料の総額が安く済む場合が多いという事です。
同じ医療保険の短期払いと終身払いで、平均寿命を基準にして保険料の試算した時、短期払いの方が支払う保険料の総額が安い場合があります。

また、短期払いの場合、保険料の支払い後も保障はしっかり残るので、設定次第で経済的に老後に保険料無で保障だけ持てると言った部分もおすすめでしょう。

ですが、終身払いと比べ毎月の保険料は割高となってしまうので、払い込みが終わるまで無理なく支払っていけるのかどうかは、家計とじっくり相談することをおすすめします。

一方で、終身払いは、保障と同じように保険料の支払いも亡くなるまで継続していく支払い方法となっています。
短期払いは、60歳や65歳、または10年や15年等、一定期間のうちに保険料の支払いを済ませるといった方法になっています。
短期払いの場合は、保険料の支払い後も、保障は一生涯続きます。

まず、終身払いの良い箇所は、短期払いと比べ、毎月の保険料の負担が軽いという事です。
ですが、終身払いにしたら亡くなるまで支払いは続くことになりますので、長生きした時に保険料の支払い総額が大きくなる事は間違いありません。
また、終身払いについては、働いているうちは問題無いですが、老後も保険料を払い続けていけるかどうかは不安が残ってしまう部分もあるのです。

短期払いか終身払いを選ぶ上でのおすすめのポイントは、新たに加入する医療保険を一生涯続けていくつもりなのか、または将来的に見直しをするのか、という点です。

もしも新たに加入する医療保険を一生涯続けていくのであれば、支払い方法は保険料の総額が小さくなる可能性が高い短期払いを選部ことをおすすめします。

逆に将来的に見直しを考えているのであれば、毎月の負担が軽い終身払いがおすすめでしょう。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断 side保険診断
    医療保険おすすめ.com PC 医療保険おすすめ.com SP