先進医療、自由診療に備えたい場合 医療保険には、先進医療に対応可能な先進医療特約が付加できるものがあります。

いざという時に自分が望む先進医療を、経済的な理由で諦めなくてはならないといった事がないようにという理由で、医療保険を検討するという考え方がおすすめです。

一方で自由診療は、医療法及び医師法の規定内で、患者と医療機関が個別に契約して行われる診療となっています。
公的医療保険は適用不可ですが、薬を使用した治療や厚生労働省が承認していない治療方法が可能です。

薬や治療法の中にも、国内では未承認ながら海外で承認されて、実績を残しているものも存在します。

こういった薬や治療法を使用した自由診療には当然、公的健康保険は適用されないですが、民間医療保険の中には自由診療によった医療費を保障してくれるものもあっておすすめです。

また、約款の内容にもよってきますが、医療保険の手術給付金や入院給付金は必ずしも保険診療だけを対象とするものではありません。

もしも約款にこのような取り決めがない場合は、自由診療によった手術や入院であっても、手術の回数や入院日数に応じた給付金が受け取れる場合もあるのです。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断