三大疾病に備える医療保険は何歳から 医療保険の中で三大疾病保険は大きくわけ、所定の状態になった場合に一時金として受け取ることができる「三大疾病一時金」。
死亡したときや所定の高度障害状態になった場合に受け取ることのできる「死亡・高度障害保険金」

この二つの保障があります。

また、特約として付加できるものがあり、 代表的な保障には、三大疾病で通院した場合に通院給付金を受け取る事のできる「三大疾病通院給付金」、三大疾病で入院した場合に入院給付金を受け取ることのできる「三大疾病入院給付金」などです。

では、三大疾病に備える医療保険には何歳ぐらいから加入を検討するのがおすすめしょうか?

厚生労働省の調査においては、がんの発病数は全年齢でなんと約30万人。
35~64歳の世代では、約8万5,000人が発病しているとの事です。
心疾患発生件数は約19万人、うち35~64歳では約3万人が発生。
脳血管疾患発生件数は約25万人、うち35~64歳では約3万5000人が発生しているとの事です。
このデータを見ると、働き盛りの世代である30代半ばから、急速に発病数が増えているのがわかります。
高齢になると脳血管疾患や心疾患が増加し、がんは比較的に若い年齢で発生することが多くてなっています。

また、20代後半から30代のうち、特に女性のがん患者が増加しているとの事。
がんは、早期発見することで完治する可能性は高まります。
しかし、発症後は保険に加入することが難しくなります。
転移や再発など、その後の生活や医療費に不安もあるでしょう。

それに備え医療保険を考えている方は、できるだけ早めに三大疾病保険を検討することをおすすめいたします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断