入院の備えた医療保険とは
医療保険の保障の主に入院給付金があります。 医療保険に入る際、入院給付金を日額いくらにするか決めますが、支払限度日数も決めなくてはなりません。

保険商品により支払限度日数は異なりますが、多くの場合30日型と60日型そして120日型があります。

医療保険に入る際に、支払限度日数が何日かを意識せず加入する人が多くいますが、 万が一入院した際に入院日数分をきちんと保障をしてもらうには、医療保険に加入する前にきちんと確認しておくことをおすすめします。

年々、入院日数は減少している傾向にはあるようですが、 厚生労働省の患者調査によれば、平均の入院日数は31.9日です。

統計データを参考に見てみると、医療保険の入院給付金は60日型で多くのケースに対応できると思われます。そして慢性腎不全などで長期入院になるケースも考える場合は、120日型にすると安心だと思われます。
ですが、支払限度日数が長くなる分保険料は高くなりますので、リスクと保険料のバランスをみて判断することをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断