妊娠中に民間の医療保険へ加入は可能か 日本では、帝王切開で出産する人の割合が20%弱に上昇しています。

5人に1人が帝王切開で出産する現状から、今後、妊娠や出産を予定している方の中には、民間の医療保険に加入し、いざという時の出費に備えている方が多いです。

その場合、医療保険に加入するタイミングは妊娠前がおすすめです。
理由としては、妊娠中は妊娠前よりもリスクが高くなってしまうからです。

民間の医療保険は、妊娠後の一定期間内であれば加入することが可能ですが、過ぎてしまうと妊娠に伴うトラブルが起こる確率が高まってしまうので注意しましょう。

妊娠中に加入した場合でも、出産や妊娠に伴う手術や入院では保障されないという特別条件が付く可能性もあります。
つまりは、異常分娩に備えて医療保険に加入しようとしても、妊娠中の場合は、目的を果たせない可能性が出てくるのです。

1人目の子どもの妊娠時には加入しておらず、2人目に備えて出産した後に加入しようとしても、最初の出産が帝王切開だった場合は、特別条件が付いてしまい、一定期間は帝王切開を含め子宮に関係する病気では保障されないとの事です。

よって、医療保険への加入は、妊娠前をおすすめいたします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断