妊娠前に検討すべき女性向けの医療保険 医療保険は、始めの妊娠前、又は妊活前に加入して置くことをおすすめします。

それは、下記のような理由からです。

○妊娠後の医療保険の加入は給付に制限が存在

妊娠が分かってから医療保険に加入する場合は、たとえ加入出来たとしても、特定部位不担保という条件が付きます。
一般的な医療保険の場合は妊娠中に加入した場合に、妊娠が関係する疾患は給付の対象から除外されてしまいます。

一部の妊婦向けの医療保険の中には、妊娠後の加入でも週数によって異常分娩時に保障を受けられる商品も存在していますが、基本的に妊娠前に加入しておく方が保障の範囲が広くておすすめです。

医療保険加入前に治療歴がある場合も、特定部位不担保となります。
保険へ加入前の出産が帝王切開だった場合はその後の保険加入では一定の期間の間、子宮関連の疾病については保障の対象外となってしまうのです。

○治療歴によった加入不可や保険料が割増しのケース

このほかに、不妊治療を予定している場合も注意が必要となってきます。
不妊治療を始めてから保険に加入する場合、治療歴として保険会社に申告をしなければいけません。

結果、医療保険への加入できないというケースも出てくるのです。
加入出来たとしても、卵巣や子宮に関する疾患の不担保や保険料の割増しなどの条件が付けられるケースが多いとされています。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断