医療保険の加入は妊娠前が望ましい 妊娠・出産時のトラブルに備える為にも、女性には妊娠・出産以外に女性特有の疾病が多くあるので、妊娠前の医療保険の加入をおすすめします。

なぜ、妊娠前に医療保険の加入をおすすめするのかというと、妊娠・出産後の医療保険は、加入自体に制限が掛かってしまうのです。

まず、一般的に妊娠27週目までは医療保険に加入する事が可能ですが、特定部位不担保という条件が付きます。

これは例えば加入直後の出産で、帝王切開手術を受けたとしても手術給付金の保障対象外となって給付金を受け取る事が出来ないという条件です。

また、帝王切開を1度経験すると2回目以降も帝王切開での出産となってしまう可能性が高いとされています。

ですので、満16歳以上の女性が医療保険に加入する際には、過去5年以内に妊娠に伴う異常で、入院・手術の経験があるかどうかの告知事項が存在します。

「はい」の回答となると、一定期間経過までは特定部位不担保での引き受け、手術の内容によっては引き受け不可となるので注意しましょう。

いつ医療保険に入るかのタイミングは、健康状態が良好で、妊娠の予定や希望がある時がおすすめの加入時期です。

医療保険には妊娠前に加入することをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断