2つの医療保険 医療保険は、病院で医療費を支払う時に、その一部を負担してくれる保険の事を指します。

医療保険と聞くと、民間の保険会社が販売している保険商品の事をイメージされる方が多いと思います。

ですが医療保険には、国民健康保険や組合健保・協会けんぽ等の公的医療保険が存在しています。

日本は国民皆保険といって、全ての国民が何らかの公的医療保険に加入する事が決められています。

企業に勤めている方や、その扶養家族の方であれば組合健保・協会けんぽ、公務員の方であれば共済組合、自営業の方なら国民健康保険と決まっています。

ほかにも日雇い健康保険や船員保険など、あらゆる立場の人が何らかの公的医療保険に加入しているのです。

国民皆保険は、誰もが安心して十分な医療を受ける事ができ、医療費がかさんだ場合にも、その人の生活を圧迫しないようにして国民の生活の安定と福祉の向上に寄与するための制度となっているのです。

ですが、公的医療保険は、全ての医療ニーズに応えてくれるわけではありません。

たとえば、治療に必要な器具や薬のうち、保険の対象となる医薬品の薬価基準に掲載されているものにしか、保険は適用されないようになっています。

また、治療以外の医療行為にも適用されず、先進医療でも一般治療と共通する部分以外は全額が自己負担となってしまいます。

さらに、入院した際に静かな環境で静養したいと思って個室の病室を希望すれば、大部屋の室料との差額分は自己負担しなければならないのです。

万人が安心して医療を受けられる為の公的医療保険なので、保険の適用は必要最小限でなくてはならないという事は理解できるでしょう。

ですがそれだけに、けがや病気によって生じる医療費や雑費等、全ての支出を公的医療保険だけでまかなう事には少々無理があるでしょう。

このような公的医療保険に対し、民間医療保険は公的医療保険ではカバーしきれない費用負担に備えるというものになっています。

公的医療保険の基本的に必要最小限・万人に平等ですが、十分な貯蓄や収入があるかどうかは人それぞれ違い、いざという時に必要となる保障内容や保険金の額もまた異なります。

民間医療保険では、公的医療保険でカバーしきれない部分を補う形で、加入者1人1人が自分に適した保障内容の保険商品を選択して、加入することをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断