医療保険への加入に向いている方

○貯蓄の金額が少ない方、増える見込みのない方 貯蓄の金額が少ない方や今後も増える見込みのない方にとって、病気やケガの治療によって一時的に発生する支出は負担が大きくなります。

入院による自己負担額の平均は22万1,000円ですが、この金額を負担なく支払えるだけの貯蓄がない方は、医療保険に入ることをおすすめします。

○自営業・フリーランスの方

自営業やフリーランスの方は、病気やケガで働けなくなってしまうと傷病手当金が無いので収入が途絶えてしまいます。

ある程度の貯蓄がある方でも、医療費による経済的な負担増は大きな打撃となってしまいます。
医療保険によって経済的な負担増に備えてく事をおすすめします。

○将来の医療費負担が心配な方

あまり良い言い方ではないですが、医療保険は手術回数や入院日数が増えるほど、受け取れる保険金の額が増加するので、加入するメリットが大きくなります。

想定出来ない医療費による経済的負担の増加が不安な方は、医療保険への加入をおすすめします。

○手厚い医療を受けたい方

医療保険の保険金は差額ベッド代や、高額療養費制度ではカバーされない食事代の自己負担分等に充てる事が可能です。

入院時には個室で過ごしたいと考えている方は、医療保険に加入するメリットとなるのでおすすめです。

また、医療保険には先進医療特約というものがあります。
これは公的医療保険が利用出来ない一定の医療行為に掛かった費用を保障してくれるものです。

全額自己負担の先進医療に対する保障を得られる事で受けられる治療の幅が広くなると、安心感も増すでしょう。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断