公的医療保険でカバー出来ないもの 手厚い給付が用意されている日本の公的医療保険ですが、公的医療保険ではカバー出来ないものも存在します。

例えば、入院中の食事や、個室を希望した場合の差額ベッド代の他に、100万円以上掛かる場合もある先進医療の技術料は、公的医療保険でカバーする事ができず、自己負担となってしまいます。

加え、国民健康保険に加入している方の休業中の収入ダウンは傷病手当金が支給されず、公的医療保険でカバー不可となっており、例えば、家事を担当している妻が入院した際に、家事に十分に手が回らない夫や子供の外食費が増える場合もあります。

このように入院しなければ気づきにくい負担増も含めて、公的医療保険でカバー出来ない費用に対して、まずはどのように備えるべきなのかを考えることをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断