高額所得者の医療保険 高額所得者の場合は保険金の実質的な価値が大きく下がってしまうので、この点において高額所得者にとって医療保険はあまり効率的ではないかもしれません。

一般的に課税される所得金額が195万円超330万円以下の場合の10%、330万円超695万円以下の場合の20%の所得税率が適用される方がほとんどですが、住民税10%と合わせるとそれぞれ20%、30%となります。

医療保険は若い方で医療費の備えとなる貯蓄が十分ではない場合におすすめですが、若い方で所得がまだ少ない場合は保険金の効率性の観点からも理にかなっていると思います。

医療保険は通院給付金や入院給付金だけではないのですが、医療費控除との関係も頭に入れ検討されるする事をおすすめ致します。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断 side保険診断
    医療保険おすすめ.com PC 医療保険おすすめ.com SP