健康な時こそ加入のタイミング 医療保険に加入する場合、保険会社に対して被保険者の健康状態を伝える必要があります。
これを告知と呼び、保険会社は告知内容に基づいてて、加入の可否や条件等を審査するようになっています。

告知の段階で、持病があったり通院していたりすると、医療保険に加入出来ない場合があります。 加入出来たとしても、過去にかかった病気や、特定の体の部位の保障が対象外となる不担保という条件が付く場合もあるのです。

最近は、持病を抱えていても加入しやすい引受基準緩和型医療保険や健康状態を告知せずに加入が認められる無選択型医療保険といった生活習慣病もあり、おすすめです。

これらは一般的な医療保険と比べ保険料は高めとなっていますが、健康上の理由で通常の医療保険への加入が難しかった方でも、ケガや病気への保障を得られる可能性が広がります。

また健康な方は、健康なうちに医療保険を検討することをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断