掛け捨て型に対するよくある誤解 掛け捨てという言葉を聞くと、お金を無駄にしているというイメージがつきがちです。

ですが、掛け捨て型の医療保険は、なにも本当にお金を捨てているわけではないです。
医療保険に加入した方は、ケガや病気による「いざという時」に保障を受け取れるからこそ、毎月の保険料を支払っているのです。

そもそも保険契約とは、毎月の保険料を支払う事と引き換えに、特定の条件に該当した場合に保険金を受け取れるという契約です。
その意味で、積み立て型と掛け捨て型の違いは、保険金が受け取れる条件がと違うだけです。

積み立て・掛け捨てといった言葉の表層的なイメージに過剰に引きずられず、冷静にどちらの保険の特長も把握した上で、自分自身に合っているタイプをチョイスすることをおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断