50代の医療保険と生命保険のおすすめの入り方 50代の場合、これまでの高額な死亡保障から、老後の生活資金の確保を目的とした貯蓄型の生命保険や個人年金保険を視野に入れていく年代で、医療保険やがん保険においても、高額な医療費が掛かるリスクに備える事をおすすめします。

子供が社会人になれば、高額な死亡保障は不必要となりますが、働いている間に定年後の資金の計算をし直し、退職する時期や年金の受け取り時期と合わせて総合的に保険を考える必要があります。

また、病気や入院のリスクも更に上がってしまうので、新しく医療保険に加入する場合は保険料が高くなってしまいます。

あらかじめ入っている医療保険があれば出来るだけ継続する事をおすすめします。



保険選びの悩みは
プロへの無料相談で解決!
「結局のところ、どの保険が自分に合っているのかわからない・・・。」

保険選びで悩まれている場合には、保険のプロに無料で直接相談ができる「医療保険コンシェルジュ」をぜひご利用ください。

経験豊富な保険のプロフェッショナルに相談することで、あなたに最適な保険をスムーズに見つけることが可能です。

例えばこんなとき・・・

掛け捨てと貯蓄型はどちらが自分に良いの?
特約の種類が多すぎてどれを選べば良いかわからない…
現在加入中の保険は自分に最適かどうか見て欲しい
持病があるけど、保険に加入できるの?
予算の範囲内で保険に加入したい
契約内容を理解していない
結婚、出産を機に保険を見直したい

当サイトの医療保険コンシェルジュが
あなたのお悩みを解決します!

医療保険コンシェルジュの詳細

まずは無料相談


  • 医療保険のお悩み解決記事

    ▼新規・見直しもまずは無料で診断!▼
    side保険診断